Web Design Services

Web解析

3C分析によるサイトの解析を致します。

Web解析の3つの視点(3C分析)

サイトリニューアルをするにしても、継続的更新をするにしても、思いつきや慣習で作ってしまっては成果は上がりません。 サイト分析もせずにサイトを作り直す進め方は、「当てずっぽうでギャンブル」をするのと同じようなことです。 次のような視点で、改善すべき点を論理的に把握し、Web戦略に落とし込むことで、より成功確率の高いWebマーケティングの推進が可能になります。

Effective Copyrighting

自社の視点

現在の自社サイトは利用者にどのように見られているのか?どこに課題があるのか?

競合の視点

「ネット上で」競合となる他社はどのような戦略でWebマーケティングをおこなっているのか?そもそもどこが本当のライバルなのか?

顧客(市場)の視点

顧客にはどのようなニーズがあるのか? 勝負をする市場は将来どのような変化をしていくのか

Webサイト診断(自社サイトの専門家評価)

当社スタッフが専門家として対象サイトを分析し、改善事項をレポートさせていただく方法です。独自に開発した135項目の分析指標に則ってレポートさせていただきます。
ご要望やサイトの目的に応じて、アクセス解析ツールを活用したデータ分析やウェブサイトのアクセシビリティ基準である「JISX8341-3」の達成度診断、SEO課題診断なども実施いたします。

Effective Copyrighting

競合サイト比較分析

競合企業のWebサイトと自社サイトとの比較分析をします。見込み顧客が競合他社との比較をすることを想定してWebサイトを比較評価することで自社サイトの強み弱みを抽出し、「貴社」を選んでもらうための勝負ポイントを打ち出しします。

Effective Copyrighting

ユーザー評価(ユーザビリティテスト)

モニターユーザーに実際に対象サイトを使用してもらうことで、利用者がどのような閲覧行動をとり、どこで迷ってしまうのかの実態に基づき改善ポイントを洗い出します。